トップ > 高校生

授業方針

二次関数がわからないから二次関数の授業、仮定法がわからないから仮定法の授業、高校生クラスではそういった授業は致しません。二次関数や仮定法を、教科書や辞書を使い、いかに学習するかを教えます。 しかし、多くの生徒たちは、教科書を読んでも理解できないといいます。
「どうしてわからないのか?」それを生徒に問うと明確な返事は返ってきません。 教科書と真剣ににらめっこしていると、その答えはわかるはずです。教科書を読んで理解できない理由、自分で学習をするための基本から指導しております。

中学生と高校生の授業の違い

中学生と高校生では、学習しなければならない絶対量が大きく異なってきます。明和塾の中学生クラスでは、週 3 回の授業日数を用意し、出来る限りの時間を費やして全力で生徒たちの学習をバックアップします。生徒によっては、その時間だけで高校入試や定期試験を乗り切ってしまいます。
逆を言えば、それで乗り切れてしまう学習内容なのです。しかし、高校での学習は、そうは行きません。先生に一つの質問をして数十分の解説を聞くことになる問題がざらに出てきます。だからこそ、先生に一から解説を頼むような学習をしてはならないのです。
自分で学習をし、わからない部分をより明確にし、質問をする。そうすることで、より効率の良い学習が出来ます。高校生はそういった学習を心がけなければなりません。

少人数制クラス授業と個別指導の2コース制

高校生活は、中学生活と比べると時間の作り方も難しくなってきます。部活などに取り組む時間が単純に増えるからです。そのため、時間のとりにくい生徒を対象とした個別指導のコースも用意しております。
生徒の状況によって、どちらを選択した方がよいのかは変わってきます。生徒本人と話をし、コースの選択からアドバイスさせて頂きます。

進路指導

中学校から高校への進学は、ほとんどの生徒が通る道であり、悩む余地はほとんどありません。ただ、高校からの進路は、大学全入時代と言われる昨今でも多様なものがあると思われます。そのため、高校時代は進路に関して、今まで以上によく考える必要があります。
よく悩み、行動し、自分の可能性を追求することで、一歩一歩自分の道を進んで行かなければなりません。学習塾だからといって、必ず大学進学を目標とさせるわけではありません。生徒自身が、後悔が少なく、実りのある人生を歩めるよう、進路指導をしていきたいと思います。

地域密着で子ども達の成長を全力でサポート!仙台の学習塾 明和塾へのお問い合わせはこちら