トップ > 声の広場 > 卒業生の声(2)

卒業生の声

毎年,受験が終わってすぐ,中学3年生と一緒に卒業文集を作っています。
そこからいくつかを抜粋し,明和塾生のナマの声をご覧ください。(なお,内容はほぼそのままですが,文の割愛,人名などの表記の修正はしております。予めご了承ください。)

      

I・Yさん

姉も卒業文集を書くとき,こんな気持ちで書いていたんだろうかと思う今日このごろ。先生たちには感謝しています,・・・というとでも思いましたか?まさかこのわたしが言うわけないでしょう(笑)これは少し前の,いや,だいぶ前の話ですが,最初に明和塾に入る時,やさしい顔をした父のような人と,魚屋の息子のような人,二人に会ったことを今でも忘れていません。魚屋の息子のような人,あなたですよ,小川先生,いや,小川丸。どんだけ声高くてでかいんですかっ。最初の授業の時も今もビックリです。でもまあ,その元気さに少しは救われていた自分もいたんだけどね。さて,父のような人,橋先生ですが,何度も何度も助けていただきました。一年生の時はモヤモヤを解消してくれて,二年生の時は多少厳しさもあり,三年生の今は,母とボールペンの話を…。何故ボールペン,放課後でも休み時間も片手にボールペン。どんだけボールペンなんですか(笑)最後に,なんて言ったらマジ分かりませんが,先生たちは子どもなのか大人なのかときどきわかんないっす。

S・Sくん

佐藤先生へ。先生は僕の担当で,すんごく怖かったです。でもたまに優しくていい先生でした。受験のとき,わざわざ高校まで来てくれてありがとうございました。
内山先生へ。しょっちゅう塾を開けてくれてありがとうございました。塾に行くのはめんどくさかったけど,そのおかげで少し勉強ができるようになったと思います。
菊地先生へ。先生は,いつも怖くて,授業中寝なかったです。先生もしょっちゅう塾を開けてくれてありがとうございました。
斎藤先生へ。先生はたまに怒ったけど,ほとんどやさしくて楽しかったです。ありがとうございました。
高橋先生へ。先生は恐いイメージがありました。でも,宿題を忘れなかったら怖くなかったけど,忘れた時はかなり怖かったです。なかなか英語が出来るようになんなくてすみませんでした。
明美先生へ。合宿のとき,料理を作ってくれてありがとうございました。
小川先生へ。早く頑張って結婚してください。今度は赤色以外の車を買ってください。

本当に今まで勉強を教えてくれてありがとうございました。

S・Mくん

僕はこの明和塾に入って本当によかったと思います。なぜならいろいろな先生が優しく教えてくれたからです。今まで僕のことを面倒を見てくださった先生方,本当にありがとうございました。

T・Sさん

夏期講習の終わりに正式に入った私でした。初めはドキドキしましたが,少しずつ打ち解けることができました。冬には一緒に年を越し,合格を祈りました。その通り合格できたらと今思っています。迷惑なことやいけないことをしたかもしれませんが,授業の時の皆の笑顔はいい思い出です。半年の間でしたが,ありがとうございました。高校生になっても学んだことを生かしてスクールライフを送りたいと思います。どうか体に気をつけてこれからも多くの受験者をおくっていってください。

H・Kくん

私はこの明和塾に入れて本当によかったと思いました。いろんな個性的な先生が多かったです。まずはサイポン(斎藤先生)です。サイポンはやさしかったけど,普段からやさしいから怒った時は怖かったです。次はヨッシー先生(佐藤先生)です。ヨッシー先生は中国武術の使い手なので,宿題を忘れるといつ繰り出されるかビクビクしてました。ウッチー先生(内山先生)は長くお世話になりました。先生は字が上手いので汚く書くといつも指摘してくれました。そして,小川先生です。地獄甲子園(注:社会科の課題の名称)はマジで地獄でした。でも,乗り切ることができました。ありがとうございました。そして,塾長には一番と言ってよいほどお世話になりました。本当にありがとうございました。そして,最後はキクリン(菊地先生)です。私は担当として育ちました。絶対にキクリンの課題だけは忘れてはならぬと思い,頑張ってました。最後にキクリンが私の担当になった理由を教えてください。

地域密着で子ども達の成長を全力でサポート!仙台の学習塾 明和塾へのお問い合わせはこちら