トップ > 明和塾について > 指導理念

4つの指導理念

今こそ学習の原点回帰を。

インターネットや携帯電話を始めとして、子どもたちを取り巻く環境はめまぐるしく変化してします。教育に関してもブロードバンド授業やDVD教材など今の技術を利用した近未来的なスタイルが目立つようになりました。 しかし、教育とは効率よく「知識」を与えるだけではないはずです。

様々な人間と関わり合う中で「学習」し、大人が身につけている「技術」を受け継ぐ。当たり前のようなことですが、このような「学習の原点」というべきものが薄れつつあるように感じてなりません。

だから、私たちは次のような考えをもとに子どもたちと真摯に向き合います。

生徒とともに学び、ともに成長する。

私たちは日頃からどのようにしたら良い授業ができるか、講師一丸となって話し合いを重ねています。もちろん、今までの授業の実践例から、今の時期に何をやっておくべきかは把握しています。

しかし、学年や個人によって「今まで通り」ではうまくいかないことがあります。その際は学習内容に関する「常識の枠」を取り払い、生徒の現状に真摯な態度で向き合い、様々な角度から現状打破を目指します。

また、生徒が「勉強をしない」ことと「勉強ができない」ことの違いを見定め、その原因となっていることを解決することにも力を入れています。 人間関係に悩んで「勉強をしない」のなら、その悩みを聞いた上で前向きな考え方を提示し、部活が忙しくて「勉強できない」のなら、現段階での優先順位を伝えます。

最近は勉強以外のことで悩み、勉強できない子どもが増えています。

だから、私たちは生徒たちとの対話から「今」を学び、生徒たちには「今」すべきことを学ばせ、ともに成長することを大切にしています。

 

教育の基本は学校・家庭・地域 (明和塾)

よく生徒から「学校より授業がわかりやすい」と言われることがあります。

とてもうれしく思う反面、その生徒の発言から推測される現状に焦りも感じます。それは学校で習った内容が身に付いていないのではと思うからです。

学校と塾とでは授業時間数に大きな差があります。理想としては学校で6割の内容を身につけ、残りの4割を塾で補えればと考えています。ですから、まずは学校の授業をしっかり聞くことを塾の授業で伝えています。これは私たちの授業に自信がないからではありません。

内容の理解度を高めるために必要なことだからです。 また、家庭での学習は生徒たちが継続的に学習に取り組むための、そして、記憶を定着するための貴重な時間です。しかし、学習に対する向上心や継続性は生徒だけではなく、ご家庭の協力も必要です。学習から生徒指導に真剣に取り組んでいる学校に対して信頼を置き、地域(明和塾)から勉強に関する子どものがんばりが伝わってきたら褒めていただくことによってよりよい学習態度が望めます。

学校、家庭、地域の大人が揺るぎない毅然とした態度をとり、真剣に子どもに向き合うことが「私たち」の責務であると考えています。

次世代を担う子どもたちを教育できる大人になってほしい

毎年、「どうして勉強しなきゃいけないの」、「こんなの覚えても将来、役に立たないよ」、と言う生徒がいます。そんな時には、こう言います。 「人間だから。」

この答えには生徒は最初戸惑います。しかし、「学習は動物もするけど、勉強できるのは人間だけだよ。」と付け加えると、生徒はちょっと疑問が晴れたような表情を見せてくれます。 これからは「記憶」しなければならないことは機械に任せ、人は「操作」や「発想」、「創造」することだけに専念できるかもしれません。

では、「記憶」は必要なくなるのでしょうか。いや、それは違います。「発想」や「想像」は今までの「経験」から出てくるものであり、何かルールを覚えて、応用したという「経験」が基礎となると私は思います。

さて、答えはこれだけでしょうか。私の答えに満足できない生徒もいると思います。そんな時は、今まで別々の道を歩んできた講師の話にも耳を傾けてほしいです。内容はもちろん十人十色ですが、その疑問に答えようとする気持ちは一つです。  

成長著しいこの時期に明和塾で時間を過ごした子どもたちには、社会に出てからも学習を続け、そして、ゆくゆくは「次世代を担う子どもたちを教育できる大人になってほしい」と切に願います。

地域密着で子ども達の成長を全力でサポート!仙台の学習塾 明和塾へのお問い合わせはこちら